FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
憧れの先生 ~中学3年生~
2005/11/14(Mon)
先日の参観日
学校はなにやら物々しいムードにつつまれていた、、、。

各高校の調査隊さんや、教育委員会の方々が
3年生の教室を見て回っている。

その中に私の”憧れの先生”がいた。

当時は馬ズラの首の長い痩せた姿だったが
今は”クマ”になっている(太っている)

厳しい顔をして見回る先生。
が、私の顔を見ると、突然笑顔になった。
(一昨年に同窓会をしていたのでお互いすぐ判った)

先生は、おもむろに私に近寄り
「おみゃ~の子供はどこにゃ~」⇒(貴女の子供はどこ?)
「おっ!あれきゃ~。できゃ~の~」⇒(あの子かぁ、、背高いね)
と、方言丸出しで聞いてきた。

周りの目もあるので、少しだけの会話だったけれど
その時だけは、”先生と生徒”にタイムスリップしていた。

そして講演会では、先生は教育委員会代表で挨拶をした。
相変わらずステキな声である。
周りの保護者からは
「良い声してるわねぇ~」
「なんだかエリートって感じだわ」
などと、大絶賛の声が上がってる。
憧れの先生だっただけに、私はとても気分が良い。

しかし、ここで黙ってるcocoroじゃない。
「あの先生ね、中学校の時の恩師なの。
 結構血の気の多い先生だったのよ。面白かったし。
 歌が上手いのが自慢だったから、今ここで
 プリント丸めて渡したら演歌歌ってくれるかもよ」
と、ちょこっと暴露しておいた。
でも、みんな先生の声に酔いしれている様子、、、。

講演会も無事終わり、帰り際、先生とバッタリ会った。
「先生、同窓会は来年まで待っててくださいね」
と、私が喋ってると、近くにいた保護者が
「私も同窓会行きます~ぅ」と話に入ってきた。
どうやらかなり気に入られたらしい、、、。

先生は困惑しながら標準語で
「また連絡くださいね!」
とそそくさと帰っていった、、、。

憧れの先生は、今現在も
”声”で魅力を発揮していたのであった。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<悩み ~中学3年生~ | メイン | KAZUKIと勉強 ~中学3年生~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoroasone.blog74.fc2.com/tb.php/235-aa9b2756

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。