FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
親子戦争② ~入寮まで~
2006/03/30(Thu)
3/30
高校の監督に都合をつけてもらい三者面談となる。

KAZUKIの口から退部希望の旨を伝える。
監督=「特待生の意味をおまえは分かっているのか!」
等々、厳しい言葉が返ってきた。(当然ですね)

約5分間話した後、
KAZUKIは席を外され、監督・主人・cocoroの3人になる。

監督=「さっきは厳しい事を言いましたが、ご両親は
    どう思っていらっしゃいますか?」
   「寮生活や強化練習。本人が不安になるのは当然です。
    中学のサッカーとは全然違いますからね。
    本当のスタートラインに立つんですからね。」
   「私たちにお任せください!大丈夫ですよ。
    メンタル部分も強化ていきますから!」
   「では、今日から寮に入ってもらいます。
    ご両親はこのまま帰宅し荷物を持って来て下さい。」
監督の言葉で真っ暗闇から一筋の光が差した気持ちだった、、、。

KAZUKIと入れ替わりに「失礼します」とだけ言い退席。
急いで家に戻り慌てて荷造りをする。

2日早い入寮。
KAZUKIが今どう思っているのか気なる。
まるで寺に預けるかのようだ、、、。

1時間後、KAZUKIからTELがあり
「オレ、頑張ってみるから」
との事。

3/31
朝KAZUKIからTEL。
「なんでオレ寮に入っとん、、、早く出してや、、、下を噛みちぎって
 死にたい!もうサッカーなんか大っ嫌いじゃ、、、」

私は即座に監督に連絡。
監督=「これからすぐKAZUKIのところに行き、話をしてきます!」

1時間後、KAZUKIからTELが入る。
「さっきはごめん、、、。1年間は頑張ってみるけぇ、、、。」

この感情の変化には本当に疲れさせられる。

夕方近く監督からTEL
「もう大丈夫ですよ。落ち着いています。
 KAZUKIは素直だから目を見て話せばきちんと理解します。
 でも”喝”も入れておきましたから」

有難い、、、本当に救われたような思いだった、、、。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<親子戦争③ ~入寮後~ | メイン | 親子戦争2週間① ~入寮まで~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoroasone.blog74.fc2.com/tb.php/241-5fd1ced3

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。